インプラントにうってつけの日

外科手術をうけたりゆうですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血がつづく惧れもあるためです。運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りでおこないます。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病があるのなら、安全を期すため、入院をもとめられることもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意して下さい。
もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって下さい。技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。インターネットのレビューなども参考になります。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療して貰うかです。結構専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験をもつ歯科医の診療をうけるようにしてください。それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで大聴く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

   

 - 未分類